タイ古式マッサージの効果

タイ古式マッサージの効果は体のコリを癒やすだけではなく、血液とリンパの流れを促進する事で根本的な体質改善を行う事ができます。血液やリンパの流れが良くなると、血液の循環が良くなるので、血液が全身のあらゆる部位に十分な酸素や栄養素を運搬し、供給してくれるようです。それにより、内臓の動きも活発になります。また、リンパの流れが良くなると、体の至る所にたまっている老廃物を回収してくれ、リンパ節でろ過した後、体の外に排出してくれます。つまり、タイ古式マッサージを受ける事でデトックス効果が期待でき、体の中からキレイにしてくれるのです。このことから、タイ古式マッサージの効果は約60種類もあると言われています。

 

タイ古式マッサージの効能は、カラダの懲りや疲れを癒やすだけではありません。タイはもちろん、最近では日本の医師達がタイ古式マッサージに注目しています。ストレス社会と言われる現代において、ストレスが原因でさまざまな病気が発祥している事がわかっています。ストレス性疾患には、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸炎、うつ病、自律神経失調症、ED、更年期障害、片頭痛、不眠症、円形脱毛症など、多くの疾患があります。タイの衛生省が掲げるタイ古式マッサージの効能は高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、ぜんそく、貧血など、タイ古式マッサージの効果は約60種類もあると言われています。

 

タイ古式マッサージの効能は、体の凝りや疲れを癒やすだけでなく、イライラの開放やストレスの緩和など、精神的な部分にまで及びます。タイ古式マッサージの効果は約60種類もあると言われ、高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、ぜんそく、貧血などに効能が有るとされています。タイ古式マッサージの手技は、指圧・マッサージ、ストレッチ、整体・矯正の3つの種類に大きく分けられます。つまりタイマッサージは、こった筋肉を指圧やマッサージでほぐし、緩んだ筋肉をストレッチで伸ばし、最後にゆがんだ背骨や関節を矯正するトータルな手技療法と考えられます。

 

 

タイ古式マッサージは体の凝りや疲れを癒すだけではなく、一時しのぎでもない本物のマッサージ法です。私たちの体は、生まれた時には非常に柔軟性に富んでいますが、10代をピークに筋肉は硬くなり、関節の可動範囲も狭くなり、内臓や運動機能も低下し、老化が進みます。硬くなった筋肉内には、老廃物が停滞し、痛みを出したり、筋力の低下を招きます。タイ古式マッサージでは、筋肉を十分にほぐすため、筋肉内の老廃物を外に排出し、こりを取り去り、酸素や新しい栄養素を取り入れ、もともとの柔軟性を取り戻し、筋肉を若変えらせることができるのです。

 

 

タイ古式マッサージは、頭の先から爪先まで全身くまなくマッサージを行います。タイ古式マッサージと指圧で行う一般的なマッサージの違いとして、タイ古式マッサージを行う施術者は手のひらやヒジやヒザ、足など体のいろいろな部分を使い筋肉を刺激していき、センと呼ばれる人体を流れるエネルギーラインをゆったりとしたリズムで刺激し、こり固まった筋肉をゆるめていくことにより、血流が促され、自律神経のバランスが整い、人間がもともと持っている免疫力や自然治癒能力を高める効果があるとされています。

 

 

 

タイ古式マッサージの効果は身体のコリを癒すだけではありません。
血液とリンパの流れを促進する事で根本的な体質改善を行う事が出来ます。

血液やリンパの流れが良くなると、血液の循環が良くなるので、血液が全身のあらゆる部位に十分な酸素や栄養素を運搬し、供給してくれるようになります。それにより、内臓の動きも活発になります。
また、リンパの流れが良くなると、身体の至る所に溜まっている老廃物を回収してくれ、リンパ節でろ過した後、身体の外に排出してくれます。

つまり、タイ古式マッサージを受ける事でデトックス効果が期待でき、身体の中からキレイにしてくれるのです。このことから、タイ古式マッサージの効果は約60種類もあると言われています。

例えば、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善にも効果がありますし、慢性的な頭痛や食欲不振、女性に多い便秘や冷え性等、何となく体調が悪いな、症状があまり出ず、病院へ行くほどでもないような状態の場合に最適なマッサージです。

その他にもアレルギーや生理不順、低血圧、風邪の予防、貧血、ストレス解消等、効能、効果は多岐に渡ります。

タイ古式マッサージの効果

タイマッサージの効果、効能について考察してみましょう。ヒ-リング効果、癒し効果等の俗に言う気持ちいい効能は勿論他のマッサージ法には見られない大きなタイマッサージの特徴ですが、タイ国の保健省が公式に認める効能は、高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、ぜんそく、貧血、老化防止、ストレス解消、など60種類以上にも及ぶものです。

タイマッサージは体の凝りや疲れを癒すだけではなく、一時しのぎでもない本物のマッサージ法です。
血液とリンパ液の循環を促すことで根本的な体質の改善を目指す療法です。血液の役割は体内中をめぐり、各部に酸素と栄養分を運搬するものです。リンパ液は体内中をめぐり、体内の老廃物を回収し、途中のリンパ節でろ過することです。

タイマッサージとは局所的治療ではなく体全体の血液とリンパ液の流れを良くすることで、体調の改善を図ることが究極の目的なのです

タイ古式マッサージの効能は、身体の凝りや疲れを癒すだけでなく、イライラの開放やストレスの緩和など、精神的な部分にまで及びます。これは非常にめずらしいもので、タイの大学病院でも治療に用いられていたり、日本国内においても、医師たちの中でタイ古式マッサージに目を向け始めている先生も多くいらっしゃいます。最近では、このタイ古式マッサージが病気の治療法として、マスコミでも取り上げられる機会も多くなりました。現代のようなストレス社会においては、さまざまな病気がストレスを原因として発祥していることがわかっています。ストレス性疾患には、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸炎、うつ病、自律神経失調症、インポテンツ、更年期障害、偏頭痛、不眠症、円形脱毛症など、多くの疾患などがありますが、TTMAの研究ではそれらにも効果があるとのデータがあります。タイの衛生省の掲げるヌアボーランの効能も、高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、ぜんそく、貧血など、60種類以上にもなります。下記の表はタイ衛生
省の掲げるタイ古式マッサージの効能です。

タイマッサージの効能

タイマッサージの効能は、カラダの懲りや疲れを癒すだけではありません。タイはもちろん、最近では日本の医師達がタイマッサージに注目しています。ストレス社会と言われる現代において、ストレスが原因で様々な病気が発祥している事がわかっています。ストレス性疾患には、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸炎、うつ病、自律神経失調症、ED、更年期障害、偏頭痛、不眠症、円形脱毛症など、多くの疾患があります。

タイの衛生省が掲げるタイマッサージの効能は高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、喘息、貧血など、60種類以上にもなります。

器官系

胃腸・慢性胃炎・便秘・下痢・食欲不振・体力増強・老化防止・風邪の予防・高血圧・低血圧・貧血・血行障害・冷え性・生理不順・不妊症・喘息・アレルギー
凝り、疲れ、痛み

筋肉痛・腰痛・肩こり・眼精疲労・リウマチ・膝の痛み・足のつり・倦怠感
美容系

肥満防止・太りすぎ・ウエストラインのシェイプアップ・脚のむくみをとる・肌の新陳代謝を促進・しわの減少
精神系

不眠症・ヒステリー・興奮を静める・ストレス解消

タイマッサージの手技は、「指圧、マッサージ」「ストレッチ」「整体、矯正」の3つに分けられます。つまりタイマッサージは、凝った筋肉を指圧やマッサージでほぐし、緩んだ筋肉をストレッチで伸ばし、歪んだ背骨や関節を矯正するトータルな手技療法と考えることができます。
タイマッサージのセラピストは掌や指だけではなく、肘、膝、腕、足を使い、すべての動作がゆっくりと行われるため、セラピストの体への負担は少なく、施術そのものが適度な運動となるため、受ける側と共にダイエットの効果があるといえます。

タイマッサージの治療効果

タイマッサージの手技は、指圧・マッサージ、ストレッチ、整体・矯正の3つの種類に大きく分けられます。つまりタイマッサージは、こった筋肉を指圧やマッサージでほぐし、緩んだ筋肉をストレッチで伸ばし、最後に歪んだ背骨や関節を矯正するトータルな手技療法と考えられます。
またタイマッサージでは、手のひらや指先だけでなく、肘や膝、拳や足といった体の各部も使い、全ての動作をゆっくり行うため、マッサージをする側の体への負担は、比較的少なく、施術そのものが適度な運動となるため、受ける側と共に、ダイエットの効果は非常に高いといえます。次に、タイマッサージの主な治療効果を挙げます。

1. 筋肉の柔軟性が増し、老化が防止できる。

私たちの体は、生まれた時には非常に柔軟性に富んでいますが、10代をピークに筋肉は硬くなり、関節の可動範囲も狭くなり、内臓や運動機能も低下し、老化が進みます。硬くなった筋肉内には、老廃物が停滞し、痛みを出したり、筋力の低下を招きます。
タイマッサージでは、筋肉を十分にほぐすため、筋肉内の老廃物を外に排出し、こりを取り去り、酸素や新しい栄養素を取り入れ、もともとの柔軟性を取り戻し、筋肉を若変えらせることができるのです。

2. 自律神経のバランスが取れ、体と心がリラックスできる。

私たちの体は、交感神経と副交感神経の2つの自律神経によって支配されています。自律神経は、血圧、脈拍、呼吸、体温、消化・吸収、免疫、ホルモンなどをコントロールしていて、強いストレスを感じると交感神経が優位になり、体は戦闘状態になります。その結果、血圧上昇、心拍数増加、筋肉硬直、呼吸数増加、内臓機能低下、免疫力低下、ホルモンのバランスの崩れなどが生じます。
タイマッサージにより筋肉のこりがほぐれると、自律神経は本来のバランスを取り戻し、副交感神経が優位になり、脳はリラックスし、筋肉も緩み、精神的にも肉体的にもリラックスすることができるのです。

3. 呼吸が長く深くなり、半覚半眠の状態を体験できる。

私たちの体は、食べ物を消化吸収し、呼吸により酸化反応を続けて、エネルギーを得ています。この時、酸素が不足すると、体質が酸性化し病気を受け付けやすい体になります。また、炭酸ガスの排出が充分でないと、神経の働きは鈍くなり、筋肉は硬化し、各臓器の働きも低下してしまいます。
タイマッサージでは、ストレッチをする側もされる側も吐く息が中心の長い呼吸になるため、酸素が良く入り、炭酸ガスが排出されるため、体質の酸性化を防ぐことができます。また、この時の呼吸は、釈尊が悟りを開いた時の「アナパーナ・サティ」呼吸法で、脳波は、アルファー波が多く瞑想状態となり、集中力が高まり良いインスピレーションを得ることができるのです。

4. 体の歪みがなくなり、神経痛、関節痛が解消される。

私たちの体は、左右・前後のバランスの悪いスポーツ(ゴルフ、野球、テニス、ボーリングなど)や不良姿勢(猫背、横座り、片側に鞄をかける)などで、筋肉の緊張に差ができ、背骨や関節が歪みます。歪んだ体では、神経や血管が圧迫され、神経痛・血行障害・内臓の機能低下などが起こります。
タイマッサージには、左右の筋肉を対称的にマッサージする手技と、骨盤、股関節、仙腸関節、腰椎、胸椎などを矯正する動作があるため、関節のずれがなくなり、体の前後左右のバランスも良くなり、神経や血管、リンパ管の圧迫がとれ、腰痛、神経痛、関節痛、血行障害、むくみ、内臓の機能低下などが解消されるのです。

5. 慢性病に対しての治療効果と予防効果

私たちの体には、内臓に異常がある場合、その内蔵に対応した皮膚や結合織、筋肉などが反応する反射というシステムがあります。特に、背骨の両脇にある脊柱起立筋には、反射部位が多く存在し、内臓の反応がこりとして現れます。そして、その反射部位の圧痛やこりに対して施術をすることにより、関連した内臓の機能を改善することができるのです。
タイマッサージで反射部位をほぐすと、各臓器に関係する様々な慢性病(頭痛、不眠症、めまい、花粉症、鼻づまり、耳鳴り、喘息、気管支炎、五十肩、心臓病、高血圧、低血圧、胃腸病、肝臓病、腎臓病、生理痛、不妊症など)の改善に効果があり、それらの慢性病を予防し、病気を未然に防ぐこともできるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました