ヨガ・指圧・整体などの流れをくむタイ古式マッサージ(タイ式マッサージ・タイマッサージ・古式マッサージとも呼ばれます)は、タイの伝統医学の一つです。その歴史は古く、ブッタの主治医だったシヴァカ師が開祖といわれ、約 2500 年前に仏教とともにタイに伝わり現在まで受け継がれています。

タイ古式マッサージは、頭の先からつま先まで全身くまなくマッサージを行います。タイ古式マッサージと指圧で行う一般的なマッサージの違いとして、タイ古式マッサージを行う施術者は手の平やヒジやヒザ、足など体の色々な部分を使い筋肉を刺激していきます。センと呼ばれる人体を流れるエネルギーラインをゆったりとしたリズムで刺激し、こり固まった筋肉をゆるめていくことにより、血流が促され、自律神経のバランスが整い、人間が本来持っている免疫力や自然治癒能力を高める効果があるとされています。また、ストレッチを行いながら体をほぐしていくのもタイ古式マッサージの特徴の一つです。ストレッチを行うことにより柔軟性を高め、疲れがたまりにくい体に変えていきます。このため「二人でするヨーガ」ともいわれます。

タイ古式マッサージと聞くと「痛そう」「アクロバティック」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、決して痛みを伴ったり、無理な姿勢を強いたりするマッサージではありませんのでご安心ください。

タイ古式マッサージを受けている時の脳内はアルファー波で満たされ、半覚半眠の状態になり、精神が安定し、心身ともにリラックスしていきます。タイ古式マッサージは「世界で一番気持ちいいマッサージ」ともいわれています。カラダとココロがふわっと解放されるのをきっと体感できるはず。都会の生活で疲れた体を、タイ古式マッサージで癒しませんか?

タイ古式マッサージには二つの流派が有ります。

タイで行われているタイ古式マッサージには、チェンマイスタイルとバンコクスタイルの二つの流派に大きく分けることができます。
おおもとの考え方は同じですが、重点を置くところがやや異なります。チェンマイスタイル(北部式タイ古式マッサージ)は、タイ北部の山岳地帯の農村で発展したものであり、彼らの生活様式を反映して、足を使う方法と動的なストレッチに特に重点を置いています。
バンコクスタイル(南部式タイ古式マッサージ)は、タイ古式マッサージの総本山ともいえるバンコクの寺院Watpo(ワット・ポー)が近代化するにあたり、西洋現代医学的見地から汎用性が高く、かつ大勢の人が運用できるよう安全なものに再構築されたため、指圧を重点に置いています。
SAKURAでは、二つの流派のいいところを取り入れながら、日本人に合ったタイ古式マッサージを日々研究しています。