アロマオイル

7種類のアロマオイルの香り!

フローラル系:フローラル系のアロマオイルは、主に花から抽出されています。そのため、採取できる量が少ないので、ローズやジャスミンなど高価なものが多いです。有名どころのラベンダーもフローラル系になります。甘くて華やかな香りで、優しくエレガントなイメージ。女性が好む香りが多いです。

柑橘系(シトラス系):柑橘系の精油は、柑橘系の果物や、柑橘系の果物に似た香りを持つハーブから抽出されています。みずみずしくさわやかな甘い香りで、年齢や男女を問わず人気があります。アロマテラピー初心者の方には、柑橘系のアロマオイルがおススメです。

ハーブ系(ハーバル系):ハーブ系のアロマオイルは、ハーブの花や葉から精油を抽出されています。やわやかで清涼感のあるスッキリとした香りが多いのが特徴です。効能の面では、呼吸器系に作用するものが多数あります。有名どころだと ペパーミント などがあります。

樹木系(ウッディー系):樹木の皮・葉・枝などから抽出される、森林を彷彿とさせるようなフレッシュで清潔感のある、やや鋭い感じの香りです。

スパイス系:スパイシー系のアロマオイルは、料理のスパイスとしてお馴染みの香辛料から抽出されています。香辛料を原料とするスパイシーで刺激的な香りが多いです。刺激が強いものが多いので、使用する際は注意が必要です。

樹脂系(バルサム系):免疫向上と抗菌に優れる精油です。冬場にバスタイムで使用することで、風邪やインフルエンザを防ぎます。また香りの効果としては他にも集中力を高めてくれます。

エキゾチック系(オリエンタル系):官能的で妖艶な香りで濃厚な香りが多く、香りが長続きしやすいのも特徴です。呼吸を落ち着かせ、深くリラックスさせてくれます。イランイランなどが代表的です。寺院などの香りをイメージして頂くと分かりやすいと思います。

上記の7つのグループに分けられます。種類によって効能なども異なります。